インプラントの費用について

医療費控除の仕組み

インプラント治療費の医療費控除について

多額な医療費を使った場合に有効な制度として、医療費控除という制度があります。この制度は使った医療費が高額な場合、翌年の確定申告の際に申告をすると何割かが還付されるというものです。当然、申告できる医療費は厳格に定められており、美容整形などは対象にならないのですが、インプラントの場合は対象となっています。 医療費が高額になるインプラントの治療を受けるなら、この医療費控除を使わないというのは勿体無いです。とはいえ医療費控除なんて制度は、中々馴染みがないかと思います。申告のやり方であったり、必要な準備物、仕組みなど、医療費控除についての理解を深めて申請をしましょう。

医療費控除とは

医療費控除とは、自分と生計を一つにする親族が、前年度中に支払った医療費が一定の金額(10万円)を超える場合、医療費控除として所得から差し引くことができ、確定申告(2月~3月)をすることで税金の還付を受けることができる制度のことを指します。

医療費控除の対象となる医療費とは、医療機関での保険診療・インプラントなどの自費診療の総額・鍼灸治療院における施術・医療機関までの交通費などがあげられます。反対に高額な費用がかかっても、美容整形や歯科矯正、コンタクトレンズ、人間ドッグ、アロマセラピーなどのリラクゼーション施術などは対象外となっていますので、注意が必要となります。

医療費控除の計算

医療費控除の計算式は以下のようになります。

医療費控除=1年で支払った医療費の総額-保険金などで補填される金額-10万円

上記で算出された金額が、医療費控除の対象額となります(算出金額は最高限度額200万円まで)。
ただし、この金額がそのまま還付されるわけではありません。あくまでも課税の対象から控除される金額ですので、この金額に対して支払った税金が還付される金額となります。実際に還付される金額は、「医療費控除額×所得税率」となります。所得税率は申告する人の所得によって変化しますので、詳しくは国税庁のHPなどを参照してください。
所得の合計が200万円までの人は、10万円ではなく所得の合計額の5%を引くことになります。

確定申告の提出方法

確定申告は、毎年2月16日~3月15日の期間でおこなわれ、お住まいの管轄の税務署か市・区役所、又は郵送での申告も可能となっています。申告に必要な書類は、指定の確定申告書・医療費の領収書・源泉徴収票となっていますので、医療費控除の対象となる領収証は必ず保管するようにしておきましょう。

このような指定の確定申告書に必要事項を記入して、直接、もしくは郵送で申告する方法とは別に、現在ではe-タックスというオンライン上での申告もできるようになっており、時間がとれずなかなか出向くことのできない人に大変便利な方法となっています。

また、国税局のホームページ上に「所得税の確定申告書作成コーナー」で、メニューに従って入力していくだけで申告書の作成ができるサービスもあります。自動計算で還付金などが算出されますので、大変便利です。

医療費控除の仕組みについて ~高額だからこそ医療費控除を受けよう~

1年間で支払った医療費が、一定の金額を超えて高額となった場合、翌年の確定申告で医療費控除の申告をすると税金の還付が受けられます。インプラント治療はとても有効な治療法ではありますが、保険対象外のため多額の費用がかかってしまうのが、一つのネックとなっています。

こうした治療費の問題を少しでも緩和できる方法として、各インプラントクリニックでは医療費控除の申告をすすめています。同じ歯科医療でも矯正治療などは対象外ですが(子供の矯正や一部の矯正治療は対象)、インプラント治療は控除の対象となっていますので、ぜひ利用したい制度と言えるでしょう

大阪・神戸のインプラントクリニック 口コミ 総合ランキングの結果はこちら