インプラントの費用について

価格の違い

インプラント治療の価格の違い

こちらもインプラントの値段同様、それぞれのインプラントクリニックが独自で価格を定めているため、どうしても違いが生まれてきます。また、同じクリニックでも使用するインプラントや上部構造(被せ物)の種類によって、同じインプラント1本埋入の治療だったとしても最終的な価格には差が生じます。治療内容に関しては、患者さんそれぞれの口の中の状態によって、最適なものが違ってきます。カウンセリングの際に、自分の今の状況ではどのような治療方針が適しているのか、というのをしっかりと聞いたうえで費用の相談をなさっていくと、価格に関してもより分かりやすくなると思います。そのためには、自分自身の治療に関する要望をしっかりと医師に伝えられるようにしておくと、より納得のいく治療方針を立てて行くのに役立つでしょう。

インプラントの埋入本数がもたらす価格差

インプラント治療の内容で価格の差が出てくるのが、埋入するインプラントの本数です。ほとんどのインプラントクリニックでは、1本のインプラントの価格が定められており、単純に本数が増えるごとに加算されていく、といった形態をとっています。違う計算法をとっているとしても、当然ですが埋入本数が増えれば価格が高くなっていくのは変わりありません。また、埋入を必要とする欠損部分によっても、価格に違いが出ます。下顎なのか上顎なのか、前歯なのか奥歯なのか。一般的には、埋入するのが難しい部位(上顎や奥歯)になると、同じ本数の埋入でも価格が高くなるようです。自分の歯はどの部分が欠損しているのか、見積もりをする際のポイントとなりますので、チェックしてみてください。

上部構造(被せ物・義歯)のこだわり

インプラント体(人工歯根)を埋入したのちに、私たちが日常「歯」として目にしている部分、インプラントの上部構造を被せていきます。この上部構造にも複数の種類があり、その材質などの違いで価格にも差が出てきます。セラミック・ゴールド・ハイブリッド・金パラジウムなど様々ありますが、中でもオールセラミックのものが高額な価格になるようです。しかし、インプラント治療が済んだ時に、自然で綺麗な歯並びとなるためには、この上部構造にはこだわりたいところ。既存の自前の歯の色と合わせたり、オーダーメイド色も強い部分です。強度や耐久性、審美性などを考えながら、医師と相談し自分に最も合っている上部構造(被せ物)の種類を選んでいくことをおすすめします。

手術技術による違い

インプラント手術は、一般的に2回法という手術方法でおこなわれます。インプラントクリニックの目安価格も、こちらの手術法をおこなった場合で計算されているところがほとんどです。しかし、口腔内の状態や顎の骨の状態によっては、別の手術を加えて治療をおこなう必要がある場合もあり、当然価格も違ってきます。また、2回法の他にも「即日インプラント」とよばれる手術法もあり、患者側の選択の幅も広がりつつあります。

主なその他の手術
  • GBR法…骨が薄く骨量が少ないためインプラントができない方の場合に、歯槽骨や顎の骨の再生を促す治療法です。
  • サイナスリフト・ソケットリフト…歯が抜けてから時間が経っている、歯周病などにより骨が少なくなっているといった場合、上顎洞を上に持ち上げ埋入に必要な骨を作りながら、インプラントを埋め込んでいく方法です。
  • オールオンフォー…4本のインプラントを埋め込み、12本の歯を支える(片顎)方法で、総入れ歯やほとんど歯がない方に適しています。手術当日に固定の歯が入る即日インプラントに属します。
治療価格の仕組みについて ~必要な治療を把握しよう~

インプラント治療の価格は、自由診療であるため同じ治療法であったとしてもクリニック毎に違いが出てきますし、患者さんの状態によってはオプション的な治療をする必要がでてきて費用がかさんでいく場合もあります。安全で確実な手術を受けるためには、必要なものはきちんと受けたいとは思いますが、そういった想いを逆手にとって、あれもこれもと後からどんどん付け加えられて、最終的に当初の見積もり価格よりもすごく高額な請求になってしまった、というトラブルが、残念ながらないわけではありません。こうしたトラブルを避けるためにも、術前にしっかりとした診断をおこない、カウンセリングの時に明確な治療方針や価格の説明をしてくれるクリニックを選択したいところです。その際には、追加料金の有無の確認もしっかりとおこないましょう。