インプラントの基礎知識

ブリッジと入れ歯との違い

ブリッジと入れ歯とインプラント

何らかの理由で歯を失ってしまった場合、それによる障害を取り除くため失くしてしまった歯の代わりをする義歯を使用します。こうした義歯の種類として挙げられるのが、ブリッジ・入れ歯・インプラントとなっており、過去主流で使われていたのがブリッジと入れ歯になります。しかし、ブリッジと入れ歯には、合わなくなる・健康な歯に影響があるなどのトラブルが起きやすく、今土台である歯根部分から作るインプラント治療に注目が集まっています。痛みや不快感なく食事を楽しむことができる、人との会話を楽しむことができる、そうした「噛める」喜びを取り戻し、明るくなったという方も大勢いいらっしゃいます。また「噛める」という事は、全身の健康を保つためにも重要な行為となりますので、インプラントはおすすめの治療法なのです。

ブリッジのメリット・デメリット
ブリッジを使用した場合

ブリッジとは、失った歯の両側の歯を削り、人工歯冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法です。歯を失った治療としてこの方法を選択した場合に考えられる、メリットとデメリットをご紹介します。

<メリット>

・固定式のため堅いものも噛め、違和感があまりない。

・使用する材料などに応じて、保険が適用される場合がある。

<デメリット>

・装着するために、両側の健康な歯を削らなければならない。

・時間の経過とともに、周囲の歯に負担をかけることになってしまう。

入れ歯のメリット・デメリット
入れ歯(部分)を使用した場合

入れ歯(部分)とは、失った歯の周囲の歯に金属の留め金を付けて、取り外し可能な人口の歯を留める方法です。歯を失った治療としてこの方法を選択した場合に考えられる、メリットとデメリットをご紹介します。

<メリット>

・健康な歯を削ることなく、装着することができる。

・使用する材料などに応じて、保険が適用される場合がある。

<デメリット>

・食べ物が詰まりやすく、虫歯や口臭の原因になりやすい。

・時間が経過するとともに、周囲の歯に負担をかけることになってしまう。

総入れ歯のメリット・デメリット
総入れ歯を使用した場合

総入れ歯とは、取り外し可能な人口の歯を、顎の上(歯茎の上)に乗せる方法です。歯を失った治療としてこの方法を選択した場合に考えられる、メリットとデメリットをご紹介します。

<メリット>

・取り外しが簡便で、入れ歯の手入れがしやすい。

・使用する材料などに応じて、保険が適用される場合がある。

<デメリット>

・歯茎が痩せるなど口腔内の変化により、入れ歯がぐらついたり、ずれたりする。

・食べ物が、入れ歯と歯茎の間にはさまり、噛むと痛みが出ることがある。

インプラントのメリット・デメリット
インプラントを使用した場合

インプラントとは、失くした歯根の代わりになる人工歯根(インプラント)を骨に埋め込み、その上に義歯を被せていく方法です。歯を失った治療としてこの方法を選択した場合に考えられる、メリットとデメリットをご紹介します。

<メリット>

・顎の骨に固定されているので、自分の歯と同じように物が噛めるようになる。

・周囲の歯に負担をかけることがない。

<デメリット>

・装着するために、簡単ではあるが外科的な手術が必要となる。

・保険適用外の自由診療のため、治療費が高額になる。

大阪・神戸のインプラントクリニック 口コミ 総合ランキングの結果はこちら