インプラントの基礎知識

インプラントとは?

インプラントとはどんなものなのか

インプラントとは、医学用語で「植立する」という定義を持っています。失った歯を補うために過去主流であった入れ歯やブリッジは、歯茎の上に人工の歯を乗せるといった方法でしたので、どうしても合わなくなる・隙間ができて物が挟まり噛むと痛みが出る・明瞭に発音ができなくなるなどのトラブルが避けられませんでした。現在注目が集まっているインプラント治療では、口腔内の骨に人工の歯根(インプラント体)を埋入し、その上に新しい歯(上部構造)を作っていくという方法ですので、違和感のない歯本来の機能を取り戻すことができますので、入れ歯などのトラブルから解放され、明るく積極的な生活を手に入れることができます。

インプラントの特徴
インプラントの構造について

インプラントを入れることの最大の特徴は、自分の歯と変わらない感覚を取り戻せるという点にあります。それを可能としたインプラントの構造を大きく3つに分けてご紹介します。

①フィクスチャー(インプラント体)…歯を支える土台になる人工歯根です。こちらを骨に埋め込むことにより、固定された歯を作ることができます。

②アバットメント(支台部)…土台であるインプラント体と上部構造(人工の歯冠)をつなぐ役割を持っています。

③上部構造(人工歯冠)…私たちが普段「歯」と呼んでいる部分にあたります。インプラント体に固定されますので、痛みや違和感を感じることなく歯本来の機能を取り戻します。

健康な歯を損なわない
健康な歯を削らずに装着できる

これまでの入れ歯やブリッジの場合、装着するために現在口腔内に残っている健康な歯を削るなどの負担をかけていたので、悪くなかった歯に悪影響が出やすくなっていました。その点、インプラント治療をおこなった場合は、土台からつくりあげるため独立していて、残った健康の歯に影響を及ぼすことはほぼありません。自前の歯を傷めることなく人工の歯を入れることができるので、ブラッシングなどのメンテナンスをしっかりおこなっていけば、大きなトラブルを起こす事もありません。

審美性の高さ
自然な歯並びを取り戻す

笑った時などに自然で綺麗な歯並びを取り戻せることも、インプラントの大きな特徴と言えます。インプラントはオーダーメイド治療でもありますので、上部構造(人工歯冠)の色合いなども、残っている自分の歯の色と違和感のないものを作成することができます。審美性の高い自然な仕上がりのため、義歯としての目的の他にも矯正歯科・審美歯科という観点からインプラントを活用する場面も増えているようです。

進化する治療法
インプラントは日々進化を遂げています

インプラント治療は、歯科医療の中でも技術の進歩が目覚ましい分野となっています。現在でも新たな構造のインプラントや、最新の治療法、新たに開発される医療機器など、世界中の医療機関によって研究がすすめられています。インプラント治療では、長期間にわたる治療期間など、患者さんの生活に負担がかかることが多かったのですが、現在では「即日インプラント」という技術が確立され、治療期間の短縮に成功し患者さんの負担を軽減する方法が浸透しつつあります。

大阪・神戸のインプラントクリニック 口コミ 総合ランキングの結果はこちら