インプラントの基礎知識

手術の安全性

インプラント手術の安全性について

インプラント治療を受けるにあたって、不安に思う事の一つがインプラント手術の安全性についてだと思います。インプラント治療は、口腔内の骨に人工歯根であるインプラント体を埋め込むため、外科的な手術が必要となりますので、体への影響や痛みなど、不安材料は次から次へと出てきてしまい、そのため治療自体を躊躇なさっている方も少なくないと思います。しかし、インプラント手術は世界中でおこなわれており、その成功率はとても高く、専門の医師の治療であれば安全性も高いといえる治療法なのです。そのクリニックのインプラント治療に関する専門性と、インプラント治療をおこなう医師の技術と知識が十分であることを示す「インプラント認定医」が診療をおこなっているか。その点のチェックを怠らなければ、まず心配は少ないと思われます。

インプラント体の安全性
埋め込むインプラント体は安全なのか

インプラント治療では、口腔内の骨に人工歯根であるインプラント体を埋め込むため、その事に対する体への影響を不安に思われている方もいらっしゃると思います。インプラントの素材には、チタンが使われています。チタンという金属は、外科などの医療現場で骨折のボルトなどにも使われている、アレルギーなどの拒否反応を起こすことが少なく、骨と半永久的に結合するという研究結果が出ている、人体にとって安全性の高い金属となっています。

手術の安全性
インプラントの手術は安全なのか

現在世界中でおこなわれているインプラント手術の成功率は、90%を超えています。このことからもわかるように、インプラント手術自体はとても安全性の高いものであると評価できます。不安があるとすれば、手術をおこなう医師の技量が伴っていない場合です。インプラント手術をおこなうには、専門の知識と高度な技術が必要となります。これを証明する資格である「インプラント認定医・専門医」を持つ医師が治療にあたるのかどうかをチェックすることで、より安全性を確保することができると思われます。

麻酔に関する安全性
無痛治療は安全か

手術をおこなう際の不安材料に、「痛み」というものがあります。こうした患者の不安を解消するために、インプラントクリニックでは麻酔による無痛治療を提唱しています。しかし、麻酔をおこなうためには、しっかりとしたアレルギーテストや全身管理をおこなう専門の麻酔医の参加が求められます。無痛治療はとても魅力的ですが、安全性を考えるのであれば、専門の麻酔医がチーム医療の一員として参加し、全身管理をおこなってくれるのかをチェックすることをおすすめします。

インプラント治療が受けられない場合
治療が受けられないケースについて

インプラント治療は、歯を失ってしまった方にとって大変有効な治療法ではありますが、全ての人が受けられるというわけではありません。お持ちになっている全身疾患などによっては、治療を受けない方が適切であると判断される場合があります。難しいとされる疾患などは以下のようになります。

・糖尿病の方

・高血圧の方

・心臓疾患をお持ちの方

・脳梗塞の方

・骨がまだ未発達の子供

・妊娠中の方

以上のような疾患などをお持ちの方は、歯科医師及びかかりつけの医師とよく相談の上、インプラント治療をお考えいただくことをおすすめします。

大阪・神戸のインプラントクリニック 口コミ 総合ランキングの結果はこちら